有名な坐像です

真言宗の開祖であり高野山を開いた空海。生誕から1200年以上経った現在でも「お大師様」と親しまれ、「四国八十八ヶ所霊場」巡礼などで厚い信仰を集めています。各地に多くの伝説や逸話を残した空海の障害は多くの謎に包まれています。

宝亀5年(774)、讃岐国の多度郡(現:香川県善通寺市)で産声を上げた空海。幼少時の名前は佐伯直真魚(さえきのあたいまお)。どのような幼少期を過ごしていたかについては、不明な点は少なくありません。しかし、父である郡司・佐伯直田公(さえきのあたいたぎみ)は代々高い地位を誇る豪族であり、母は叔父である阿刀大足(あとのおおたり)が桓武天皇の皇子・伊予親王の文学(教育係)を務めるなど、その環境は生涯に大きな影響を与えたことは間違いないでしょう。

15歳で長岡京に上京し、伊予親王の教育係であった叔父の阿刀大足から本格的な学問の手解きを受けることになりました。そして、18歳で長岡京の大学明経科に入学、『春秋左氏伝』や『毛詩』などを学んだとされています。勉学にかける情熱はすさまじく、『首に縄をかけ、腿に錐(きり)を突き刺して眠気を追いやった』と自ら記しているほどです。

当時、教育機関の最高峰であった大学には「13~16歳」という年齢制限と「五位以上および東西史部(やまとかわちのふひとべ)の師弟」と出自制限が設けられていましたが、18歳で地方の郡司の出である空海が入学を許されたのか、など不明な点は多くあります。

空海の生涯を決定付けることになったのは、虚空蔵求聞持法との出会いでした。この法は、当時、記憶力を養うために非常に有効であるとされ、『三教指帰(さんごうしいき)』によると、大学入学まもなくして、一人の沙門(出家者)からこの法を授けられたといいます。

この後、吉野・大峯山や世尊寺(比叡山寺)、石鎚山(愛媛県)などで修行を積み、ついに阿波の大瀧嶽(徳島県)、土佐の室戸岬(高知県)などで一心に勤修したところ、『私の真心が仏に通じ、あたかも谷がこだまを返すように、虚空蔵菩薩の象徴である明星が、大空に姿を現した』という強烈な神秘体験を得たとしています。やがて大学を辞し、仏典の研鑽と山林修行に励むようになり、24歳を迎えた延暦16年(797)に『聾瞽指帰(ろうこしき)』を著して、儒教、道教、仏教の三教の優劣を論じています。

延暦19年(800)、大和国高市郡にある久米寺の東塔で「大日経(大乗仏教の立場からインドの諸宗教を統一し包括しようと云う意図で書かれた密教経典)」を見出すものの、自分の能力では理解できない疑問が多く残ったため、また虚空蔵求聞持法によって得た神秘体験の影響もあり、唐に渡りたい、渡らねばならないと、入唐求法の思いが急速に膨らみました。

後に当時の思いを『性霊集』のなかで、「私は、本源(本来の自分)に還りたい、との内なる衝動に突き動かされていた。しかし、本源にいたる近道を知らず、どの道を進むべきかに迷い、幾度泣いたことか。幸いにも私のまごころが通じ、この神妙なる秘密の法門に出会うことができた。ところが、その経文は私の理解をはるかに超えており、暗澹たる想いにかられた。そこで、明師を求めて唐に渡る決心をした。この願いは天に通じ、長安を訪れることができた。」と記しています。

そして、延暦23年(804)5月12日、桓武天皇から入唐の勅を賜り、遣唐大使・藤原葛野麻呂(ふじわらのかどのまろ)とともに第一船に乗り込み、難波津を出航、博多を経由して、肥前国松浦郡田浦から唐を目指しました。しかし、嵐の直撃を受けた一行は1ヶ月以上も海上を彷徨ったため、本来の目的地である蘇州からは程遠い福州に漂着しました。

出航した4隻のうち唐に辿り着いたのは2隻(1隻は途中で帰国、1隻は行方不明)だったうえ、国書を有していた副使の第二船の到着が嵐の影響で遅れていたため、国書を提示できず、また大使が書状を書いても上陸許可が下りないというトラブルに見舞われました。滅多に見ない形をした異国の船だったこともあり、福州の観察使・閻済美(えんさいび)に密航者や海賊と疑われたとも言われています。

大使に代って空海が書いた嘆願書が功を通し、ようやく使節として認められた一行は福州を出立し、約3万キロの行程を昼夜兼行の強行軍を重ねて踏破し、同年12月23日、念願の都・長安白に至ります。ここで空海は留学生活をスタートさせることになります。梵語(サンスクリット語)を習得した空海は、延暦24年(805)5月、満を持して青龍寺に住む密教の第七祖・恵果和尚と対面を果たします。初対面にも関わらず、その人となりと資質を見抜いた恵果和尚は、自分の持てるものをすべて授けようと、他の弟子らを抑えて異国の地からやってきた空海を後継者に指名しました。

早速準備に取り掛かった空海は、6月上旬、正式に密教の修行を行うための前段階として、有縁の仏の印と真言を授けられる灌頂、学法灌頂壇に入りました。8月には、伝法阿闍梨位の灌頂を受け、インド直伝の正当な密教を余すことなく相伝して遍照金剛の灌頂名を得、密教の第八代の伝法者の地位についたのです。空海は感謝の気持ちを示すため、青龍寺や不空三蔵ゆかりの大興善寺から500人にも人々を食事に招いています。

師は空海に持ち帰らせるための曼荼羅を弟子らに描かせたり、密教経典を写させたり、密教法具を作らせるなど、付法のために余念がありませんでした。しかし、同年12月15日、空海への付法が終わったのを待っていたかのように息を引き取りました(享年60歳)。翌25年(806)正月17日、空海は諸弟子を代表して恵果和尚の碑文を撰書しました。空海は同年2月上旬、「私の持ってるものは全て授け終わった。一日も早く祖国へ帰り、密教を持って国家に仕え、国中に広めて人々の幸せを祈りなさい」という師の遺戒に基づき、本来は20年という長期の留学予定を大幅に切り上げて長安を後にすることになったのです。

大同元年(806)10月、空海は遣唐判官の高階遠成、後に「三筆」と称される留学生の橘逸勢らとともに九州に帰着、同年12月に正式の帰国報告書である「御請来目録」を朝廷に上進しました。そこには、インド伝来の正当な密教を受法した経緯と、密教が仏教の中で最も優れた教えであることが熱く語られており、不空三蔵が新たに漢訳した経典が247巻、梵字で書かれた真言・讃が44巻、理論書・注釈書の類が170巻、金剛界・大悲胎蔵の曼荼羅、真言密教を伝えた祖師の像、正式に密教を受法した証拠としての仏舎利・健駝穀子袈裟(けんだこくしのけさ)などが列挙されています。

大宰府に滞在している間、京の政情は不安定でした。桓武天皇の後に即位した平城天皇の体調が優れず、疑心暗鬼となった天皇は、伊予親王を謀反の疑いで川原寺(弘福寺)に幽閉して、死に追いやったのです。空海に入京が許されたのは、嵯峨天皇の即位直後の大同4年(809)、すなわち帰国から2年もの歳月が過ぎていました。入京が遅れたのは、政情不安だけではなく、当初20年の予定だった唐への留学を2年で切り上げたこと(当時の規定によると罪に値する行為)が影響したとの説もあります。このとき空海は和泉国(大阪府南部)におり、京では高雄山寺(神護寺)に住んでいました。

入京後、1年早く密教を唐から持ち帰っていた最澄、また嵯峨天皇との交流が始まりました。嵯峨天皇は、しばしば書を所望し、空海はそれに応えると共に、唐から持ち帰った漢詩集や法帖などを献上するなど、両者の新密度は急速に深まっていったのです。

帰朝から10年、機が熟するのを待っていよいよ本格的な密教宣布活動を開始します。まず弘仁6年(815)、関東にいた法相宗の学侶・徳一や広智などに書状を送り、密教経論の書写を依頼します。これは、密教経典そのものを流布させる目的がありました。翌7年(816)6月、密教を実践する修禅の道場の建立地として紀州高野山の下賜を上表し、7月に勅許されます。高野山開創の目的は、一つは鎮護国家を祈る道場として、もう一つは仏道修行者の道場として、密教寺院を交流して一つの小願を成就するためでした。

この小願は、唐からの帰国の際、嵐に遭った船上で立てられたもので、その内容は「もし無事に帰国できたならば、必ず諸所の天神地祇の威光を増益し、鎮護国家と人々の幸福を祈らんがために一つの禅院(密教の寺)を建て、密教の教えに基づいた修禅観法を行いたい。願わくば善神われを護りたまい、早く本国に達しめよ」というものでした。

高野山下賜の勅許後、弟子の実恵と泰範を高野山に派遣して、整地作業を行わせます。ほぼ完了した弘仁9年(818)11月、空海は勅許後初めて高野山に登り、壇場を結界し、伽藍配置を決めました。その伽藍は、南面して中心線上に講堂と僧房をおき、区お堂の北に僧房を挟んで真言密教の根本経典である「大日経」と「金剛頂経」の世界を象徴する二つの塔、すなわち大塔(胎蔵)・西塔(金剛界)を相対させる独特なものでした。

弘仁10年(819)7月、中務省への入住を命ぜられた頃から、空海の都における活躍が始まります。高野山と京を行き来するときの宿として、川原寺(弘福寺)が与えられたとされています。そして弘仁13年(822)2月、南都を代表する東大寺に灌頂道場(真言院)を建立し、正・五・九月に息災・増益の法を修することを命ぜられました。この真言院の建立命令で、真言宗は国から公認されたと考えられます。翌年10月、教王護国寺(東寺)に真言宗の僧のみを常駐させ、密教をもっぱら学修することになりました。

天長9年(832)8月、高野山での最初の法会・萬燈萬華会(まんとうまんげえ) が修され、『虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願ひも尽きん』との大誓願が立てられました。これは、「万物が存在するこの宇宙が尽き果て、生きとし生けるものがみな解脱をえて仏となり、涅槃を求めるものが皆無になったとき、私の願いも終わる」という大衆の菩薩行の極致を表したものでした。後にこの誓願は、入定留身信仰と拠り所となりました。

そして承和2年(835)3月21日、高野山においてその62年の生涯を静かに閉じました。後世に起こった入定留身信仰に基づき、空海の最後を入定と称しています。延喜21年(921)10月、醍醐天皇は東寺長官・観賢の奏請に応えて、空海に「弘法大師」の諡号(死後に送られる称号)を贈っています。その報告のために高野山に登った観賢は、奥の院の霊窟をひらいて禅定の姿の空海を拝し、天皇から下賜された衣を着せたといわれています。

空海によって開かれた日本仏教の一大聖地・高野山は、空海入定後1000年以上、栄枯盛衰の道をたどりながらも、あとを継いだ弟子や僧侶の努力により、人々の信仰と尊敬を集めて発展してきました。そして平成16年(2004)7月には「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つとしてユネスコの世界遺産に登録され、近年さらに注目を集めています。