山内は徒歩のみ

鎮護国家を祈るため、修行者の道場として空海が開いた日本仏教の一大聖地・高野山。空海が承和2年(835)に生涯を閉じた後も、生身をとどめ衆生を見守っているという入定信仰の中心地であり、毎年多くの人々が参詣に訪れています。奥の院、壇上伽藍、金剛峯寺などの名所を紹介していきます。

奥の院の入り口である「一の橋」は、正式には大渡橋あるいは大橋といい、空海が参詣者をここで送り迎えしてくれるという言い伝えがあります。ここで礼拝し橋を渡ると、約2キロ続く奥の院参道に入ることになります。

参道の両側にはには、地中に複雑に根を張り、真っ直ぐ天へと伸びる老杉巨杉がそびえ立ち、その間には苔むし、10万とも20万基とも言われる墓石・供養塔が並んでいます。織田信長と明智光秀、豊臣秀吉と柴田勝家、上杉謙信と武田信玄など、生前の因縁を越えて数多くの戦国武将がここに眠っているのも興味深いです。中には松尾芭蕉や7代目団十郎、与謝野晶子の句碑や歌碑も立っています。

墓石が立てられるようになったのは、平安後期頃からだといいます。それまでは木製の卒塔婆だったものを石に変えていったようです。江戸時代になると永遠の安楽を求めて全国の諸大名が競うように供養等を立てたそうです。

参道の途中にある「中の橋」は、正式には手水橋といい、この下を流れる川を金の川と呼んでいます。金は死の隠語、つまり三途の川を表しているといわれています。中の橋を渡り、さらに薄暗い参道を進むと「御廟の橋」に辿り着きます。ここからがいよいよ大師廟の霊域となります。御廟の橋は無明の橋とも呼ばれ、この橋を渡ると仏の浄土へ住くと信じられています。36枚の敷板石の裏には、金剛界曼荼羅のうち三七尊を象徴する種字(梵字)が彫られています。足りない一枚は、橋全体を一尊とみなすといいます。参詣者は橋の手前で一礼し、帰りも同じ場所で振り返り一礼をします。

橋を渡って正面に見えるのが、"貧女の一燈、長者の万燈"の伝説で知られる「燈籠堂」です。自らの髪を売って父母の菩提のために燈明を献じた貧女の小さな燈火も長者の盛大な燈火も等しくともされ、訪れる人の心に迫ります。燈籠堂は空海の弟子だった真然により建立され、治安3年(1023)に藤原道長によって現在にほぼ近い燈籠堂が完成しました。堂の正面にある二つの火は、1000年近く燃え続けている消えずの火といいます。

燈籠堂の裏手にひっそり佇むのは弘法大師御廟です。聖地高野山で最も幽玄清浄な場所に空海は今も生き、人々を救い続けていると信じられ、生前と同様のお給仕が日々行われています。毎日、白装束に身を包んだ巡礼者や観光客が、入れ替わり立ち代り手を合わせ祈り願っています。

静寂に包まれた境内

高野山の町のほぼ中央に位置する壇上伽藍は、真言密教の根本道場であり、空海が高野山を開創するにあたり、構想した伽藍配置に基づいて立てられた堂塔がはじまりです。以後、壇上伽藍は奥の院とともに、高野山の二大聖地とされ、篤い信仰を集めてきました。なお「壇上」とは大塔が鎮まる壇、道場という意味で伽藍の地を高野山では壇上と呼びます。

金剛峯寺からの参道は、空海が竹箒で蛇を追い払ったという伝説から「蛇腹道」という名が付けられています。蛇腹道を抜けると、右側に東塔、三昧堂、大会堂、愛染堂。その向かいが、建久9年(1198)の創建で、不動明王を本尊とし脇侍に運慶作の八大同時を安置する国宝の不動堂となります。

そして、一段高くなった壇上の右側に聳え立っているのが、壇上伽藍の中心となる大塔(根本大塔)です。高さ約50メートル、四面約30メートルもある鮮やかな朱塗りの塔で、日本で最初の多宝塔でもあります。建造には約60年の歳月を要し、空海の入定後、弟子の真然の代に完成しました。

内部は中央に胎蔵大日如来が鎮座し、師法を金剛界四仏が守り、周囲の朱色に輝く16本の柱には極彩色の十六大菩薩が描かれています。曼荼羅が立体的に表現されており、ここが大日如来の浄土であり、参詣すると仏と結縁できると信じられています。

金堂は高野一山の総本堂で、年中行事の大半がここで行われます。天災等で7度の再建を経た現在の建物は昭和7年(1932)に完成したものです。入母屋造りの落ち着いた建物で、本尊は高村光雲(智恵子抄で有名な高村光太郎の父)作の薬師如来で、内部の壁画は木村武山が2年余りを費やして描きあげた大作です。

金堂の後方に立つのは御影堂です。かつて空海の持仏堂であり、後に平城天皇の皇子で、空海の弟子となった真如法親王が描いた空海の御影(大師御影)を祀ったのでこう呼ばれています。毎年旧暦3月21日に奥の院とこの御堂で行われる大師正御影供は山内で最も厳重に修められる法会となっています。

御影堂前の囲いの中には高野山開創の由来を秘めた松の巨木がたっています。唐に渡った空海が師である恵果和尚から贈られた三鈷を「密教有縁の地に行きて我を待つべし」と投げたといいます。帰国後、行方を求める三鈷は高野山の松の木に留まっていたので伽藍建立の場所にしたと伝えられています。"飛行三鈷"の伝承を持つ聖地として3本の松が植え継がれていますが、この松は葉が3本に分かれた珍しいもので、葉を拾って身につけると御利益があると信じられています。飛行三鈷杵は現在にも伝えられ、国の重要文化財に指定されています。

ほかには光孝天皇の発願により、空海の弟子である真然が建立した准胝堂、空海が残した「御図記」を元に建立された西塔、後鳥羽上皇の発願で建立された孔雀明王が祀られている孔雀堂、上皇の寵妃・美福門院が写した一切経を納めるために建立された六角経蔵、御社などがあります。

歴代天皇の位牌が祀られています

全国に末寺を持つ高野山真言宗と高野山全体の総本山であり、また山内最高位の僧である座主の住房でもある金剛峯寺。江戸時代までは青厳寺と呼ばれていましたが、文禄2年(1593)に豊臣秀吉が亡き母・大政所の菩提のために建立、明治2年(1869)に金剛峯寺と改称されました。

緩やかな石段を登って表門をくぐると壮大で品格に満ちた大主殿が現れます。大主殿には大広間、梅の間、柳の間という三つの広間があり、また奥には歴代天皇の位牌を祀る持仏堂があります。斎藤等屋の筆と言われる大広間の群鶴図、狩野探幽による梅の魔の襖絵、山本探斉による柳の間の柳鷺図など、どれも見事な襖絵が描かれています。柳の間は、豊臣秀次が自刃した間としても有名です。

重要な儀式が行われる上段の間は最高の格式を誇り、折上式格天井の書院造で、上々壇の格天井には花の彫刻、壁は総金箔押となっています。渡り廊下の先は別殿です。こちらの装飾も素晴らしく、襖絵には日本画家・森屋多々志作で、四季の自然や空海の入唐の様子などが描かれています。

別殿の奥にあるのが蟠龍庭(ばんりゅうてい)で、2340平方メートルもある日本最大の石庭です。雲海の中で、雌雄一対の龍が奥殿を守っているように表現されています。龍には青い花崗岩が140個も塩湯されており、その姿は美しく壮大です。

二間続きの169畳もある部屋、新別殿は、昭和59年(1984)の空海入定1150年御遠忌大法会の際に造られました。大主殿の奥には、空海の弟子で高野山第二世となった真然廟が控えます。発掘調査の際に遺骨を納めた舎利容器が発見されたため廟と呼ばれています。