シヴァ神に似ていますね

隆三世明王(ごうざんぜみょうおう)は、梵語(サンスクリット語)でトライローキャヴィジャヤ、「3つの世界を降伏する者」という意味であり、勝三世、降三世と漢訳されました。三世とは、過去・現在・未来の三世界と、三毒(貪・瞋・痴)の2つの意味があり、それらに打ち克つ者という意味があります。

胎蔵曼荼羅では持明院で不動明王と対になっており、金剛界九会曼荼羅では、第八会の降三世会に登場し、大自在天(シヴァ神)とその妃・烏摩を踏む三面八臂の恐ろしい忿怒形(ふんぬぎょう)で表されています。忿怒形は、教義の上では、阿閃如来(あしゅくにょらい)→ 金剛薩捶(こんごうさった)→隆三世明王(ごうざんぜみょうおう)であり、同じ仏の異なる表現と説明されています。すなわち、阿閃如来の教令を奉じて、教化しがたい衆生の煩悩を打ち破るために、金剛界十六大菩薩の上首菩薩である金剛薩捶が、忿怒身に姿を変えたものとされています。

隆三世明王の図像は、ヒンドゥー教のシヴァ神の要素を数多く取り入れ、額には第三の目があり、虎皮裙(虎のズボン)を身に着け、三叉戟を持ち物としています。しかし、あくまでも仏教の護法尊である降三世は、ヒンドゥー教のシヴァ神よりも強大であることを示すために、降三世印(仏教に敵対するものを降す印)を結び、左足でシヴァ神(大自在天)、右足でその妃ウマーを踏むのです。

隆三世明王の真言「オン・ソンバ・ニソンバ・ウンバザラ・ウンハッタ」の「ソンバ、ニソンバ」とは、もともとアスラ族(魔族)の兄弟の名前です。ヒンドゥー教の神話では、シヴァ神の妃ドゥルガーによって降伏させられてしまうこの京大が、仏教側の伝承では、密教の護法尊に取り入れられて降三世明王となり、逆に大自在天と妃を降伏させてしまう。仏教とヒンドゥー教のライバル関係を端的に示したエピソードだと思います。

六足尊の異名を持ちます

大威徳明王(だいいとくみょうおう)は梵語ではヤマーンタカと言い、漢訳儀軌では閻曼徳迦と音写され、降閻魔尊と意訳されます。このヤマーンタカという原語は、ヒンドゥー教における「死の神」であるヤマと「終りをもたらすもの」アンタカの2つの言葉を合成してできた言葉です。全体では「死の神ヤマを倒す者」ということになります。

ヒンドゥー教社会にあった仏教は、そのヒントをヴェーダやヒンドゥー教の神々に借りながら、しかも新興勢力であるがために、より強大な尊格を示す必要がありました。大威徳明王の場合も、仏教徒がヒンドゥー教の「死の神」ヤマを取り入れ、それよりも強力な明王・ヤマーンタカ(大威徳明王)を創造したと考えられています。

大威徳明王は、通常は水牛の背に座る六面六足六臂像が多いのが特徴です。また左右第一手を腕前で組み合わせ、中指を立てて合わせているか、弓矢を執っています。京都の東寺講堂像は前者であり、弓矢を持つ図像は院政期(11世紀末から12世紀)に流行しました。また6本の足を有することから、大威徳明王には六足尊という異名があります。

水牛と大威徳明王との関係については、シヴァ神の妃であるドゥルガー女神が水牛の姿をした魔人マヒシャースラを殺す物語が反映しています。女神が誕生し、生まれた女神が神々の、あるいは人々の敵を打ち負かすというエピソードです。この女神は敵が一見して魅惑されてしまうほど美しい姿でありながら、凄惨な殺戮を行うのです。

インド古代社会から伝わる魔人退治は、水牛がアシュラ族と呼ばれる被制服民と同格に扱われていることから、アーリア民族と異部族との抗争、および、その制服を表しているともいえます。日本ではその恐ろしい姿から、院政期に調伏法の本尊として用いられました。